実印を造りたい人必見の基本情報

実印とは、自分が住民登録を行っている各市区町村の役所や役場で、「印鑑登録」を行っている印鑑のことを指します。そして、この印鑑登録された自分だけの印の証明となる「印鑑証明」を手にすることで、本人が確かに印鑑を所有している本人であると証明できることとなります。この印鑑は、高額な金額の取引の際や、高い信頼性を持つなどする重要な契約の際に、契約者が本人であることの証明として重要な意味を持ちます。その重要性から、普段使用している銀行印や認め印とは区別して保管や使用をしなくてはなりません。この他にも、重要な基本情報がいくつかあります。特に、これから印鑑を造る方は、次の2点に注意して造るとよい印鑑が出来上がるので、参考にすることをおすすめします。

字体は適しているものを選びましょう

印鑑を作成する際に、注意したいのが字体です。最近では様々な字体が選べるようになっていますが、実印として使用する場合、適している字体とそうでない字体があります。楷書体や行書体は新聞などでも多く使用されていて、読みやすく馴染みがありますが、複製されやすい字体ですので、重要な印鑑には不向きです。通常、重要な印鑑には篆書(てんしょ)体や印相体といった、複製されにくい複雑で読みにくい字体を使用することが多いです。また現在の法令では、名前のみの登録も可能ですが、先ほどの理由から少しでも画数を増やして偽造を防止する意味合いから、フルネームで印鑑を作成することが良いとされています。大切な印鑑だからこそ注意したい点ですので、最適な字体のものを選ぶようにしましょう。

長く使う為に、素材にも注意を。

普段使用している認め印などでは、価格を抑えるためにプラスチック製のものが多く販売されています。実印は、使用頻度は少なめではありますが、一度登録してしまうとそうそう変更するものではありませんので、長く使用できる為にもきちんとした素材のものを選びたいところです。素材として最高級と名高いのが象牙です。乱獲が問題視され、現在では非常に高価で取引されています。しかし、品質や質感は最上で、印鑑を大切にする方に大変好まれています。また、金属も非常に長持ちします。スタイリッシュなデザインが可能なチタンは、若年層を中心に人気があります。一方、コストパフォーマンスに優れた素材では、黒水牛が一般的です。このように、様々な素材がありますので、デザインやコストにも注意しながらも、慎重な素材選びをしたいところです。