実印をもし紛失してしまったらどうするのか

実印は、不動産取引や車の購入などの取引をする際に使われるものですが、手続きの際には、同時に印鑑証明も提示する必要があるため、リスクは少ないように思えますが、悪用された場合には、面倒なトラブルに巻き込まれてしまう可能性もあります。紛失する理由としては、引越しや模様替えなどで保管する場所を変えてしまったためどこに保管したか忘れてしまうという場合が多いということです。もし、悪用されてしまった場合は、お金が無くなるよりも、財産を全て失う可能性や、多額な借金の保証人などにされてしまうリスクがあります。お金に困っている身内や親類などがいる方の場合は、見ず知らずの他人よりも危険な場合があります。親しい間柄の人で、財産状況を知っている人の場合は悪用してしまうということもあります。

紛失してしまった場合の対処について

まず、届け出を出した市区町村の窓口に紛失を届け出ることで、新たな印鑑証明が発行されることを防ぐことができ、さらに同時に、改印届を提出して、新しい印鑑を登録します。改印すれば、以前届け出を出していた印鑑の効力を完全に失わせることができます。印鑑証明の交付を止めて、不正使用の可能性を低くすることができます。その後は、古い実印や、古い印鑑証明など紛失届を提出することによって悪用を防ぐことができます。もし、紛失ではなく盗難の可能性がある場合は、盗難届を提出します。廃印届の手続きは、紛失でも盗難でも同様に行う必要があります。盗難の場合は、盗難届を発行して貰って、調査依頼をしてもらいます。また、以前の実印を利用している取引先にも改印した旨を連絡することも必要となります。

再登録をするための流れについて

紛失し、改印するための手続きとして、まず、再登録時に印鑑登録申請書という書類を提出します。呼び名については自治体によって違いがあるかもしれませんが、大体の内容は同じで、申請書は窓口にあります。噴出届を出した後の大まかな流れとしては、最初の印鑑証明をしたときの流れとそれほど変わりはありません。再登録に必要なものは、申請書と、本人か確認書類、それと新しい印鑑が必要となります。印鑑はシャチハタやゴム印などは使うことができません。印鑑登録カードが手元にある場合は、同時に印鑑登録カードも持参します。再登録の申請書は役所の窓口だけではなく、自治体によってはホームページで公開している場合があり、プリントアウトしている申請書でも申請することはできます。