今さら聞けない実印の意味と保管方法

市町村の役所や役場でハンコを押すときに「実印」が求められます。そのときに「じついんって何ですか」と聞くのは恥ずかしいですよね。実印とは、住民登録をしている役所に、戸籍上の姓名を彫刻したハンコを登録申請して、受理された特別な印鑑のことです。例え形がそのようなものでも登録していないとそうとは言えませんし、逆に100円程度で買ったものでもきちんと登録申請していればそうとみなされます。これはハンコの中でも一番重要なものです。法律上、社会上の権利や義務の発生を伴うからです。唯一性を守るために銀行印や認印などとの併用を避けるべきですし、家族内で共同として使うものとは別にしておきましょう。捺印する時には慎重であるべきです。書類によく目を通し、関係する要素をしっかり理解してからハンコを押しましょう。上記では姓名を彫刻したものと述べましたが、姓だけという場合もあります。しかし姓名の両方を彫刻しておく方が安全ですし、すぐに他のものと見分けがつきます。

どのような場合に用いることがあるか

実印は次のような状況の時に必要になります。公正証書の作成、金銭その他貸借証書、契約書の作成。不動産取引の書類作成、遺産相続手続き、法人組織を立ち上げ、その発起人になる時などです。また官公庁での手続き、恩給、供託にも必要ですし、自動車や電話の取引、保険金や補償金の受け取りの際にも必要です。このように見てみると、他のハンコと区別をつけるべき理由も明確ですし、その重要性もお分かり頂けると思います。これがなければ家を購入、借りることも難しく、いざという時に必要な金銭を受け取ったり、書類上で手続きをする時に困ることになってしまいます。この文化があるのは日本だけかもしれませんが、手書きのサインでないことから安全性がより守られますので安心できますよね。

どこに保管するべきか、安全な場所とは

このハンコは非常に大切なもので、万が一人の手に渡ったら犯罪に利用されてしまうこともあります。しかし、心配だから肌身離さず持ち歩くというのは逆に危険です。バッグの中に入れて持ち歩いていれば、そのバッグが盗難に遭ってしまったら犯罪に使われやすくなります。また人に預けておくのもやめましょう。一番安全なのは金庫の中に保管することです。人の記憶は不確かなのでどこに置いてあるか忘れてしまうこともあります。大切なものは一番安全なところに入れておきましょう。もしも盗難に遭ってしまった場合には、登録している市町村の役所や役場へすぐに届け出て、印鑑登録を廃止してもらうようにしてください。また、作り直して再登録することもできますので、破損によって使えなくなっても届け出て新しく登録できます。