おすすめできる実印を取り扱う会社の共通点

実印は会社の契約時などに必要な印鑑ですので、しっかりとかすれることなく綺麗に押印することができるものがおすすめです。印を取り扱いしている会社は通販でも格安店が出現するようになりましたが、昔から実績のあるお店で作製して購入するなど験担ぎなどの意味も込められています。会社設立時に必要なのは代表者印、会社実印、法人丸印、角印の社印、銀行届出印、金融機関届出印などがあります。特に重要なのが代表者印と会社実印で複製されないように複雑な書体にしたり、持ち出しを制限して使用者を特定するなどの配慮も必要になります。専門店では印の材質や書体を自由に選ぶことができ、設立時に必要な印についてはセット販売をしていることが多いのでまとめて依頼することができます。

印影をネットで確認することができる

印鑑作製専門店では見積もりに納得してもらった段階で、依頼を受け、印影を作製して依頼主にこれで良いかと確認してくれます。印影は従来ファックスで行われていましたが、最近ではネット通販が主流となり、全国を対象にしているためネットでの確認となっています。従来は職人の手で彫りが行われていましたが、最近ではコンピュータマシンによる作業となっているため、注文を受けて数時間で作業が完了し、即日発送が可能というところも珍しくありません。同じタイプ、同じ書体、同じ文字である場合にはそれぞれ印影が異なるように設定することも可能です。年中無休製造発送をしている専門会社も増えてきており、スピード感と価格が勝負と言える部分もあります。まとめて安く購入できるので便利です。

職人の彫りが特徴のところもあります

コンピュータマシンで彫刻をするのではなく、職人の手で1文字ずつ丁寧に彫る作業をしている専門会社もあります。もともと験担ぎのようなところもあり、印を作るときには縁起の良い印鑑製造会社に依頼して時間をかけても満足できる唯一無二の印を作るというこだわりが残っています。縁起の良い吉祥体にこだわったり、回文と中文の二重丸で銀行印を作成するなど伝統方式にのっとった印が欲しい場合には職人の印鑑製造会社に依頼するのがおすすめです。代表者印には縁起をかついで10万円以上の高額なものを注文する人も珍しくなく、商売をするのに印鑑がとても大切なものであることを示しています。製造会社の中には1級印章彫刻技工士が在籍しているところもあり、その技術力を高く評価されています。